Artist Yutaka Okada aka upinde blog

http://www.yutakaokada.com http://upinde.wix.com/atelier

NY展、遂に情報公開!

f:id:YutakaOkada:20180622000523j:plain

昨年末よりクラウドファンディングで応援頂いておりましたNY展。

遂に情報公開です。

多くの方々のお力をお借りしてやっと実現できることに

感謝の気持ちでいっぱいです。

特に今回キュレーターとしてお力添え頂いている佐藤恭子さん

また最初の原動力となって頂いたTAGBOAT徳光健治さんにも心から感謝です。

次のステップに向けて頑張ってきたいと思います!

 

Forsaking Pop: A New Art Generation from Japan

Curated by Kyoko Sato

​□July 16 – 24, 2018 Opening reception: Tuesday, July 17, 6 – 8 PM

□WhiteBox : 329 Broome Street New York NY 10002 | 212-714-2347 |

      info@whiteboxny.org

The Great East Japan Earthquake of 2011 struck the hearts of many young Japanese artists, numbing them and causing some to lose their passion for creating new work, while others put into question the very nature of their artistic endeavors. Confronted with a cataclysm of vast, capricious natural energy outflow, these artists saw the sudden destruction of tremendous amounts of their carefully constructed artistic worlds achieved through enormous amounts of time and constant effort. Only those who experience such a disaster can understand the fragility of man-made creations.
In response, the seven Japanese artists in this exhibition, re-evaluated their roles as representatives of one of Japan’s new artistic legacies. How can Japanese culture, once again, be enriched and reshaped in ways only artists can fathom? These questions gave rise to the theme of Forsaking Pop: A New Art Generation from Japan.
Then, they asked themselves what truly reflective works—as artists born and raised in Japan—should present at this particular junction in New York, a pinnacle international art center. All seven participants agreed to relinquish the mainstream influences of Japanese Pop Art in their works, which most Westerners have come to regard, for good or for bad, as a core visual marker of contemporary Japanese culture. In the first decade of the 21st century, Takashi Murakami and Yoshitomo Nara elevated Manga and Anime subcultures to high-art, calling these works “Super Flat.” Thus, as a refutation, these seven artists have positioned their styles in diametric opposition to such art, instead creating works that are multifarious, independent minded, fresh, different, and above all free from the traditional influences of Japanese arts and crafts, as well as the overused clichéd vocabulary of Pop Art.
Today, the meaning in art and authorship have continuously been skewed with the advent of the communicative speed and exacting accuracy of social media, which makes it possible to disseminate large amounts of visual information in an instant. As such, any newly-created artwork can be easily imitated right away, making it scarcely possible to preserve the work’s originality. Therefore, in order to create something inimitable, artists must create, develop and maintain increasingly elaborated techniques leaning on their personal philosophies. These new-generation Japanese artists respond to such parameters with a new commitment to personal aesthetic devices, abandoning obvious Western values by focusing on a newfound Japanese sense of authenticity.

The seven artists in this exhibition share these common values; 1. They create works by processing materials in simple ways, favoring a rustic taste, rich evidence of touch and obscureness in the works, totally eliminating distinctly Japanese way, creating a very particular, universally appealing aesthetic. All artists in the show share many of these characteristics, and in unison, they are trying to move beyond the stereotypes found in Japanese Pop art.


About the artists (by alphabetical order)

Jin Hashimoto
His sculptures have presented as public art at HITACHI Power of Africa in 2012, and Ueno Park in Tokyo from 2011 to 2015. He won the prize at the 12nd KAJIMA Sculpture Competition in 2012. Hashimoto’s works were exhibited in the 11th Tagboat Award exhibition in Taipei in 2016, and joined Independent New York held at Ashok Jain gallery, organized by Gallery Tagboat. He received MA in metal-smithing from the Tokyo University of the Arts in 2014, currently based in Tokyo.

 

Ayaka Nakamura
Nakamura’s works were presented in the NY Art Book Fair at MoMA PS1 in 2015 and 2017. She joined the exhibition Tokyo Screening held at Haus Schwarzenberg, Berlin in 2015, and at Anthology Film Archives, New York in 2016, and JART4th at Williamsburg Art & Historical Center, New York in 2014. She received Special Recognition Award from Independent Tokyo organized by Gallery Tagboat, and the work was presented in Independent New York in 2017. She received BA in Printmaking from Musashino Art University, Tokyo in 2013, and now based in Tokyo.

 

Yutaka Okada
Okada received Second Prize at the exhibition Independent Tokyo and was exhibited in Independent New York in 2017. His works were presented in galleries in Tokyo, Kyoto, Kochi, Aichi in Japan and art fairs Love Art Fair, Toronto (2015), Affordable Art Fair, Singapore (2013, 2014), Affordable Art Fair Hong Kong (2014), and Art Expo Malaysia (2011-2014). Born in 1982, he studied design at Kyoto City Dohda Senior High School of Arts, and now based in Kyoto.

 

Naritaka Satoh
Satoh won the Grand Prix in the exhibition Independent Tokyo, organized by Gallery Tagboat, and the work was exhibited in Independent New York held at Ashok Jain gallery in 2017. He also won the Grand Prix at the 8th Spiral Independent Creator Festival organized by Spiral, Tokyo in 2009. The work was purchased by Tokyo University of the Arts in 2008 when he received MA in design arts. Based in Tokyo, he has joined the shows in Taipei, Shanghai and Singapore.

 

Aki Sakamoto
In 2017, Sakamoto received Special Jury Prize at the exhibition Independent Tokyo, organized by Gallery Tagboat. As a prizewinner, he was exhibited in Independent New York at Ashok Jain gallery in November 2017. He held a solo show at Starbucks Ikebukuro, Tokyo in February- April 2018. Born in Japan in 1987, he studied design at Tokyo Fashion College in 2005-2007.

 

Yumiko Shimada
Shimada’s work was exhibited in the show Independent Tokyo and Independent New York at Ashok Jain gallery in 2017, organized by Gallery Tagboat. She joined Tokyo Design Week in 2016. Receiving MA in Science in Policy and Planning Science from University of Tsukuba, Ibaraki in 2010, she started studying art in Lukanose of Art School, Tokyo.

 

Yusuke Wakata
Wakata received Asia Award Semi Grand Prix from Tokyo Designer’s Week School exhibition in 2014, and Excellence Award from Musashino Art University Graduation Show in 2017. He joined Independent Tokyo and Independent New York held at Ashok Jain gallery, organized by Gallery Tagboat. Graduated from Musashino Art University in 2017, Wakata is currently studying at Tokyo University of the Arts. For press inquiries, please contact press@whiteboxny.org

This exhibition was largely made possible by the generous support of Gallery Tagboat.

WhiteBox aka White Box Ltd is a 501 (c) 3 not-for-profit arts organization. Your donations are tax deductible to the maximum extent permitted by law. Annual exhibition support provided in part by the New York City Department of Cultural Affairs and New York State Council on the Arts

​----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

​「脱ジャパニーズ・ポップ:日本の新世代」

​2018 年 7 月 16 日(月)—24 日(火) 22 日(日)休館
オープニング・レセプション 7 月 17 日(火)午後6−8時

主催:ホワイトボックス WhiteBox 329 Broome Street, New York NY 10002

​キュレーター:佐藤恭子

 

2011 年の東日本大震災により多くの日本の若手アーティストは心に打撃を受けた。
制作意欲を無くし、作家として改めて何ができるのか悩んだ。
巨大で気まぐれな自然のエネルギーの流れによる災害に直面し、彼らは長い年月を費やし努力し続け注意深く作られた世界が突然に破壊されるのを目撃した。
人間の創造物がいかにはかないかは体験した者にしか分からないであろう。
この展覧会の7人のアーティストは、日本の新しいアートの流れをつかさどる者として自分たちの役目を再確認した。
日本文化が再び豊かになり再構築するためにアーティストができることは何か。
その問いから「脱ジャパニーズ・ポップ:日本の新生代」というテーマを掲げることになった。
日本で生まれ育ったアーティストが、アートの最先端のニューヨークで見せるのにふさわしい作品は何か。
7人は、日本の現代文化を代表すると西洋の人たちが考えているジャパニーズ・ポップアートの大きな流れから脱出する必要があると思った。

21 世紀の初頭に村上隆奈良美智がマンガやアニメなどのサブカルチャーを「スーパーフラット」と呼んでハイアートの領域に押し上げた。
展示するアーティストたちのスタイルは、そういったアートに真っ向から反するものであり、新鮮でユニークで、日本の伝統工芸や繰り返し使われお決まりになったポップアートの表現とは全く違っている。
ソーシャルメディアの普及で、大量の視覚情報を一瞬にして送ることができるようになり、アートの意味と著述は歪められることになった。
新しく制作された作品はすぐに簡単にコピーされ作品のオリジナリティを保持するのが難しくなった。
そのためアーティストは、コピーできない作品を作るために、自分の哲学に基づく精緻なテクニックを発展させ維持することが必要だ。

これら新世代の日本のアーティストは、自分の美的意識に基づき、 新たに発見した日本の美学に集中することで明らかな西洋の価値から逃れているのである。
本展の 7 人のアーティストに共通している点は、
1)素材そのものを活かしてシンプルに加工し、作品の手触りや曖昧さを残して合理性を排除していること。
2)逆説的に、他国で派生した概念や技術を日本流に発展させ、世界でも普遍的な表現を獲得していること。
これらの特徴を共有し、彼らはジャパニーズ・ポップアートステレオタイプから脱出しようと試みているのである。

 

参加アーティスト
橋本 仁 / 中村 綾花 / 岡田 豊 / 佐藤 誠高 / アキ サカモト / 島田 裕美子 / 若田 勇輔

 

 

YUTAKA OKADA

https://www.yutakaokada.com/

https://www.instagram.com/owlmessenger/

個展閉幕

f:id:YutakaOkada:20180607214223j:plain

昨晩で東京個展閉幕しました。

ガラス作家HiDAMARi glass 畑山竜太朗くんにも二週末お付き合い頂いて

たくさんのご縁を楽しませて頂きました。

ご来場頂いたみなさま、気持ちを寄せて頂いたみなさま

そして今回もお世話になったGallery201の櫛田さん

本当にありがとうございました。

福朗だるまシリーズは2020年108体の再会パーティーに向けて

まだ36体目の道半ば。

まだまだ色々なご縁を楽しみながら展開していきます。

引き続き沢山の方々との出逢い再会を楽しみにしております♪

 

さて次は7月16日からNYはWhiteBoxでの7人展です。

クラウドファンディングで後押しして頂いてみなさまにも楽しんで頂けるよう

また随時UPしていきます。

応援よろしくお願いします!

Web Shop 解禁

f:id:YutakaOkada:20180521114623j:plain

本日5月21日12:00〜 "福朗だるま"

個展と並行してWebShopでも公開スタートします!

個展とWebの並行は遠方の方からお声掛け頂いたこともあっての初の試みです。

不手際等あるかも分かりませんが

気になる方はぜひ覗いてみて下さい♪

http://owl.theshop.jp

 

個展初日

f:id:YutakaOkada:20180520091425j:plain

f:id:YutakaOkada:20180520091435j:plain

福朗だるま展

初日からお越し頂いたみなさまありがとうございました。

あっという間の楽しい一日でした。

本日20日(日)も、Glass作家畑山竜太朗氏とお待ちしております。

 

 YUTAKA OKADA Solo Exhibition Tokyo

"福朗だるま -OWL DARUMA-"

□ 2018年5月19日Sat - 27日Sun 12:00-19:00

□ gallery 201

 東京都品川区北品川6丁目2-10-201

 □ 5月19日Sat, 20日Sun, 26日Sat, 27日Sun :

 Guest Exhibitor "HiDAMARi glass"  http://hidamari-glass.com/

(フクロウの瞳でコラボしているパイレックスガラス作家 "HiDAMARi glass 畑山竜太郎氏"をお迎えして週末だけゲスト展示して頂きます。)

 more info → https://www.yutakaokada.com/next-exhibition

お清め

f:id:YutakaOkada:20180518101059j:plain


f:id:YutakaOkada:20180518101127j:plain


f:id:YutakaOkada:20180518101148j:plain


いよいよ本日東京に向けてドライブ。


その前に昨日、滋賀の日吉大社さんで福朗だるまのお清めをして頂きました。


目に見えないことの大切さを感じる気持ちのよいひとときでした。


ARTを通して良い波が広がりますように。




お清め

f:id:YutakaOkada:20180518101059j:plain


f:id:YutakaOkada:20180518101127j:plain


f:id:YutakaOkada:20180518101148j:plain


いよいよ本日東京に向けてドライブ。


その前に昨日、滋賀の日吉大社さんで福朗だるまのお清めをして頂きました。


目に見えないことの大切さを感じる気持ちのよいひとときでした。


ARTを通して良い波が広がりますように。




福朗だるま展

f:id:YutakaOkada:20180423104627j:plain

f:id:YutakaOkada:20180423104638j:plain

 

 

YUTAKA OKADA Solo Exhibition Tokyo   "福朗だるま -OWL DARUMA-"

□ 2018年5月19日Sat - 27日Sun 12:00-19:00

□ gallery 201  東京都品川区北品川6丁目2-10-201

□ 5月19日Sat, 20日Sun, 26日Sat, 27日Sun : Guest Exhibitor "HiDAMARi glass"    https://www.facebook.com/hidamariglass/
(フクロウの瞳でコラボしているパイレックスガラス作家 "HiDAMARi glass 畑山竜太郎氏"をお迎えして週末だけゲスト展示して頂きます。)

□ 展覧会期中に平行して5月21日MonよりWeb Galleryでも一部作品を公開、販売致します。

 全て一点ものですので遠方の方もぜひご高覧頂ければ幸いです。 
owl.theshop.jp

□ 福朗だるまシリーズ
 ”福朗だるま”というと”縁起物”と分類されるかもしれないが ”縁起”とはそもそも仏教史を一貫して流れる根本思想の一つで
 自己を含む宇宙の事象は因縁によって生滅し、独立自存のものではないことを説いている。
 今時代は加速度を増すなか、地球規模の負荷を見ても人類は向かうべき道の転換期にきている。
 自然と調和し、和を尊ぶという仏教を含む東洋的精神性はこれからの社会にとっても決して古いものではなく
 今まさに振り返るべき英知ではないだろうか。
 個の意識の調和の先に、社会全体の転換があることを祈って、東洋的精神性と英知をPOPなシンボルとした”福朗だるま”が生まれた。
 
本展は108体をめざす”福朗だるま”シリーズのうち 二十数体を発表する作家はじめての立体作品の展覧会です。
 ぜひご高覧ください